toggle
初詣のご案内

hatsumoude

 

新年初祈祷について

 「一年の計は元旦にあり」と申します。ご神前で一年の平穏無事と更なる発展を新たな気持ちでお祈りください。
 ご祈祷(きとう)は拝殿にて元日午前0時から執り行います。その折りには、伊勢神宮の神楽殿でも舞われている倭舞(やまとまい)、人長舞(にんじょうのまい)、豊栄舞(とよさかのまい)のいずれかを奉納します。

h_gokitou01
h_gokitou02
祈祷受付時間
1月1日 23時(31日)~3時(1日)/ 7時~17時
1月2日、3日 8時~17時
1月4、5日 7時30分~16時30分
1月6日以降 9時~16時30分
ご祈祷の受け付けは、1月6日まで会館ロビーにて行っています。
7日以降は境内の祈祷受付所で受け付けます。
会館ロビー
会館ロビー
→ご祈祷についての詳細は、「ご祈祷のご案内」をご覧ください。
 

三が日のご案内

手水舎

h_temizu 手水を済まされた方ひとりひとりに巫女が手水紙をお渡しします。手を拭いた後はそのまま参道をお進みいただき、神門前にて参拝に先立ちお祓いをお受けください。

授与所
h_jyuyosho02
授与時間
1月1日 0時~19時
1月2日以降 8時~19時
境内
h_furumai
 境内にて、伊勢名物「赤福」、樽酒、おしるこをふるまいます。

ふるまい時間
1月1日 0時~4時/9時~17時
1月2日、3日 9時~17時
h_miniema
新しい年の幸せを願い謹製したアルミ製の精巧な「ミニ干支絵馬」
 三が日の各日、午前8時から午前10時までにお神札やお守りをお受けになった参拝者先着1000名の方には、開運招福の「ミニ干支絵馬」を差し上げます。

ar01新しい年の幸せを願い謹製したアルミ製の精巧な「ミニ干支絵馬」

 

新しい授与品のご紹介

※平成29年元日から授与を始めます

鈴蘭よりそい守り

鈴蘭よりそい守り ひとつひとつの花が寄り添うように並んで咲く鈴蘭は、「幸福が訪れる」の花言葉に似つかわしく、心に想った人と寄り添いあう幸福をあらわしているようです。その幸せのひとしずくをお持ちいただきたく、鈴蘭の朝露をかたどったお守りを奉製しました。鈴蘭の朝露に願いをそっと閉じ込めてお持ちください。

800円

幸せ水琴鈴守り

幸せ水琴鈴守り 水琴窟の音色を聞いたことはありますか?地中に甕(かめ)などを埋めて空洞をつくり、したたり落ちる水滴の音を反響させると、琴のような音色を楽しめます。心に安らぎを与え、幸福な気持ちにさせてくれる水琴窟の音色を鈴であらわし、皆様の日常にもお届けしたいとの思いを込めて謹製したお守りです。

800円
縁結び 星まもり

縁結び 星まもり きらめくカットの中に映し出される大小ふたつの美しい星。小さな星は夢に向かって頑張る今の自分を、大きな星は夢を叶えた未来の自分と、自分の愛する人たちを象徴したWISH UPON A STAR TWINKLE キュービックジルコニアです。良縁の祈りを込めた編紐に、流れ星のようにたくさんの幸せが降り注ぎますよう、美しい星をつけて謹製いたしました。良縁のお守りと一緒に身に付けていただき、大神様の御神徳をお受けください。

1000円
開運干支絵馬

開運干支絵馬 十二支のはじまり子年にあたる平成20年より、絵本作家あべ弘士さんデザインの干支絵馬の授与を始めました。旭山動物園の飼育係としての経験をもとに、独自の視点から描き出される動物たちの姿はじつにエネルギッシュで、多くのファンを魅了しています。絵本では味わえない、木の風合いをいかした絵馬ならではの作品をお楽しみください。お部屋のインテリアのひとつとして飾っていただければ幸いです。

*数に限りがございます。お求めの方はお早めのご参拝をおすすめします。
あべ弘士さんのプロフィール
 昭和23年北海道旭川市生まれ。24歳で旭山動物園の飼育係となる。園内の案内板や機関紙の挿絵、エッセイを手がけるかたわら、33歳で処女作『旭山動物園日誌』(出版工房ミル)を出版。48歳で旭山動物園を退職し、創作活動に専念。講談社出版文化賞【絵本賞】、産経児童出版文化賞【JR賞】、小学館児童出版文化賞など受賞。主な作品『あらしのよるに』シリーズ(講談社)、『ライオンのよいいちにち』(佼成出版)など。
 

「東京五社めぐり」のすすめ

東京五社めぐり

 高い格式を有し、東京の神社の代表ともいえる、日枝神社、明治神宮、靖國神社、大國魂神社、東京大神宮は「東京五社」と呼ばれています。年のはじめに五社をめぐり、神さまとのご縁を深めましょう。

東京五社のごあんない
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)
※平成29年より、「東京五社めぐり」専用のご朱印用紙および五社のご朱印を全て集められた方への記念品のご用意がございません。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
 

お神札をおまつりしましょう

h_ofuda
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)
 

古くなったお神札・お守りについて

osamedokoro
古札納所

 一年間お守りいただいた古いお神札やお守りは、粗末にならないように感謝の気持ちを込めて神社に納めます。納める先の神社は、できるだけお神札やお守りを受けた神社が望ましいとされています。しかし旅行先など遠隔地でいただいてきた場合には、たとえ違う神社のものであっても近くの神社へ納めて差しつかえありません。当大神宮では、境内の神門脇に「古札納所」を設けていますので、そこへ納めてから新しいお神札やお守りをお受けください。

皆様へのお願い
駐車場はございませんので、電車をご利用ください。
→最寄り駅からの道すじは「交通案内」をご覧ください。